会社帰りの読書日記、など

アクセスカウンタ

zoom RSS 【読書日記】リーダーは弱みを見せろ (鈴木雅則)

<<   作成日時 : 2012/04/01 00:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

GEやGoogleで人材開発の業務に携わったコンサルタントによる、リーダーシップの指南書。「技術としてのリーダーシップ」を理解することで、「21世紀のグローバルな競争が不可欠となるビジネスシーン」で求められる一定レベルのリーダーシップを日本人でも身につけられる、というのが著者の狙い。

そんな大上段の趣旨はさておき、印象に残った内容を備忘のために以下に記す。

◇人材マネジメントとして、採用、教育・研修、報奨のどこに力を入れるかは戦略的な判断。サムスンやマッキンゼーなどは採用注力型。GEやトヨタは教育型。

◇リーダーシップとは、絵を描き、その絵を実現していくプロセス。そのためには、ポジティブな発言と態度、相手の潜在能力を信じるマインドが必要。この態度とマインドが人格につながり、優れた人格とリーダーとしてのスキルが合わさって優れたリーダーとなる。

◇リーダーは、自分の弱みをきちんと認識することが必要。周囲にもそれをさらけ出すことがチーム運営上有用だが、一方で弱みを直そうとするのではなく、強みを伸ばして行くことが大切。

◇リーダーには、ビジョンを構築する右脳的才能と、それを実現するための計画的行動という左脳的才能の双方が必要。

なるほどと思うことも多く、参考にはなる。

ただし、この著者の世の中に対する認識の単純さと、自分への自信の強(過ぎ)さ、更にはそれを押し付けようとする態度からは、この人はリーダーには向かない人だろうな、というのが率直な感想。コンサルタントなのでそれは別に構わないのだが。

(光文社新書)




リーダーは弱みを見せろ GE、グーグル 最強のリーダーシップ (光文社新書)
光文社
鈴木 雅則

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by リーダーは弱みを見せろ GE、グーグル 最強のリーダーシップ (光文社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
人気ブログランキングへ
【読書日記】リーダーは弱みを見せろ (鈴木雅則) 会社帰りの読書日記、など/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる